【ニューヨーク共同】連休明け7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末比269・09ドル安の3万5100・00ドルで取引を終えた。新型コロナウイルス変異株による感染再拡大で米経済の回復が遅れるとの懸念が強まり、景気に敏感とされる銘柄を中心に売りが優勢となった。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、10・81ポイント高の1万5374・33と過去最高値を更新。在宅勤務などが続くとの思惑から、IT関連銘柄に買いが入った。

 個別銘柄では、化学・事務用品の3M(スリーエム)や機械のハネウェル・インターナショナルの下落が目立った。