マウスの胚性幹細胞(ES細胞)から精子を試験管内でつくることに成功したと、京都大の斎藤通紀教授(細胞生物学)らのチームが8日付の米科学誌電子版に発表した。試験管内で精子形成の過程を再現でき、不妊メカニズムの解明につながる成果。

 この精子を使って人工授精させると、健康なマウスが生まれた。

 チームはES細胞を精子や卵子のもとになる「始原生殖細胞」まで成長させた後、遺伝関連情報がリセットされるまで数日間培養。雄のマウスから採取した細胞とまぜて刺激を与えると、精子をつくるもとになる「精子幹細胞」が作製できた。