自民党総裁選への立候補を表明している岸田文雄前政調会長は7日、森友学園問題を巡る財務省の決裁文書改ざんに関し、国会内で記者団に「再調査は考えていない」と表明した。総裁選での議員票獲得をにらみ、森友問題で批判を浴びた安倍晋三前首相や麻生太郎副総理兼財務相への配慮ではないかとの見方が出ている。その後、発言の真意を問われ「(安倍氏への配慮は)全くない」と否定した。

 岸田氏は2日夜のBS―TBS番組で「調査が十分かどうかは国民が判断する話だ。国民は足りないと言っているわけだから、さらなる説明をしないといけない」と指摘していた。