IR汚職事件で、収賄罪などに問われた衆院議員秋元司被告(49)=自民党を離党=を懲役4年の実刑とした7日の東京地裁判決は、贈賄側に虚偽の証言を依頼したとする組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪を「前代未聞の司法妨害」とし、「収賄事件の結論を根本から覆す危険性さえあった」と強く非難した。

 弁護側は同日、判決を不服として控訴。東京都内で記者会見した弘中惇一郎弁護士は「判決は根拠も無く、妄想で補っている」と批判。弘中弁護士によると、秋元議員自身も判決に「納得できない。頭にくる」と話している。秋元議員は保釈保証金1億円を納付し、7日夜に保釈された。