兵庫県は7日、井戸敏三前知事が公用車として導入し批判を浴びた知事と県議会議長用の高級車「センチュリー」2台のリース契約を同日付で解約したと発表した。リース代の月額が2台で計約50万円と高額だったことから、8月に就任した斎藤元彦知事が解約の意向を示していた。

 新たな公用車は今後入札を経て、リース代の月額が2台で計20万円程度のワンボックスカーを導入する方針。解約に伴い清算金計約770万円が生じるが、県の担当者は「契約満期まで使い続けた場合に比べ、約1千万円の経費削減効果がある」と話した。

 斎藤氏は就任後、職員用のワンボックスカーを公用車に代用している。