上川陽子法相は7日、身分証明の根本となる戸籍に「読み仮名」を記載するための検討を、法制審議会(法相の諮問機関)に諮問すると明らかにした。戸籍の氏名欄は現在、漢字で表記されているが、行政を含めた社会のデジタル化を推進する中で、読み仮名を付けることで個人データを検索しやすくし、事務処理を効率化させる目的。法制審では「キラキラネーム」など漢字本来と異なる読み方がどこまで許容されるかなどを議論する。

 海外でのマイナンバーカード利用が可能となる2024年に合わせ、カードに氏名をローマ字表記する狙いも。戸籍法などの改正が必要な場合、23年の通常国会への提出を目指す。