立憲民主党の安住淳国対委員長は7日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、菅義偉首相の在任中に新型コロナ対策で質疑を実施するため、週内に臨時国会を召集するよう求めた。政府、与党は後継の首相を選出する国会については、今月中旬にも召集日を決める方向で調整。菅首相との質疑に応じるかどうかに関し、森山氏は8日にも回答するとして持ち帰った。

 会談後、安住氏は記者団に「コロナで病院の危機的状況は続いている。全部放り投げて総裁選ではなく、議論だけはするべきだ」と強調した。

 臨時国会の召集日を巡り、森山氏は加藤勝信官房長官らと東京都内で会談し、対応を協議した。