【ローマ共同】ローマで開催された20カ国・地域(G20)の保健相会議は6日、2日間の協議を終え、新型コロナウイルス危機への対処に関する共同宣言を採択した。協議ではワクチンの公平供給実現や有効な治療法確立などに向け多国間で連携していくことを確認した。

 今年のG20議長国イタリアのスペランツァ保健相は閉幕後の記者会見で、ワクチン接種に関し「誰も置き去りにされてはならない」と指摘、発展途上国への普及を進めることが急務だと訴えた。

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は5日の協議で、全ての国の接種率を引き上げるためG20の支援が不可欠だと訴えた。