【パリ共同】映画「勝手にしやがれ」「気狂いピエロ」などで知られるフランスを代表するスター俳優ジャンポール・ベルモンドさんが6日、パリの自宅で死去した。88歳だった。フランスのメディアが伝えた。死因は不明。弁護士は「しばらく前から非常に疲労を感じていた。静かに亡くなった」と述べた。

 マクロン大統領は「国民の宝だった」とツイッターに投稿し、死を悼んだ。

 1960年公開のジャンリュック・ゴダール監督の「勝手にしやがれ」で主人公のチンピラを鮮烈に演じ国際的スターに。

 二枚目俳優アラン・ドロンさんと人気を二分。共演した70年公開の「ボルサリーノ」は大ヒットした。