5日の東京パラリンピックの閉会式後、会場の国立競技場で、式典に出演した大勢のパフォーマーやスタッフが密集して記念撮影を行っていたことに関し、大会組織委員会は6日、「記念撮影という短時間の行為とはいえ、セレモニーの規模を考慮すると、全員での撮影については慎重になるべきだった」として陳謝した。

 撮影時にマスクを外していた人が一部いたことについても「配慮が足りなかった」とした。