東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに968人報告されたと発表した。1日の感染者が千人を下回るのは7月19日以来。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者は2414・0人に減少し、前週比は65・1%。前日に比べ、入院患者は77人減の4215人、うち重症者は3人増え267人だった。40代3人を含む16人の死亡も確認された。

 都の担当者は「学校が再開し、今後増加に転じる可能性が危ぶまれる」と指摘。入院患者と重症者は高い水準で推移しており、「医療状況の逼迫は変わっていない」と述べた。

 死者のうち、80代女性は自宅療養中に亡くなった。