菅義偉首相は6日、自民党の二階俊博幹事長と官邸で会談し、新型コロナウイルス対応に全力を挙げる方針を確認した。退陣の意向を表明したことを念頭に「政治空白は許されない。引き続き新型コロナ対策に万全を期す」と述べ、党側に協力を求めた。同席した林幹雄幹事長代理が明らかにした。

 首相は新型コロナ感染拡大を受けた追加経済対策は次期政権が策定するとの見通しを示した上で「党でもしっかり議論してほしい」と要請した。

 党総裁選への対応については話題に上らなかったという。