福島県会津若松市の猪苗代湖で昨年、レジャー中だった千葉県野田市の小学3年豊田瑛大君=当時(8)=がクルーザーに巻き込まれて死亡した事故から6日で1年となった。両親らは湖畔から、現場水域に向かって黙とうし、ヒマワリやサッカーボールを飾った献花台に線香を上げた。

 取材に応じた父親は「1年前、ここに来なければよかった。悲しく悔しく、申し訳ない」と涙ぐんだ。一緒に被害に遭い両脚切断で義足となった母親は「(事故後に)瑛大が浮いていた姿しか思い出せない。ただ会いたくて…」と声を詰まらせた。