東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は6日の記者会見で、2030年の札幌冬季五輪招致が実現し、組織委会長の就任を求められた場合、受諾する考えを示した。「依頼があれば、ぜひ受けたい」と意欲的に語った。

 30年冬季五輪は、札幌市が開催を目指している。橋本氏は新型コロナウイルス禍で開催された東京大会を通じ「良い経験をさせてもらった」と強調。同時に「今度は完全な形で、フルスタジアム(満席)で国民の笑顔があふれる大会を目指したい」と述べた。