東京パラリンピック最終日の5日、バドミントンの女子ダブルス(車いす)で、里見紗李奈(23)、山崎悠麻(33)組=NTT都市開発=が金メダルを獲得した。里見はシングルスとの2冠を達成し、山崎は「銅」に続く2個目のメダルを手にした。バドミントンが初めて採用された大会で日本勢が実力を示した。

 世界ランキング1位の里見、山崎組は1次リーグA組を首位通過し、準決勝でタイのペアを退けた。シングルス優勝で勢いに乗る里見は山崎と息の合ったプレーを披露し、決勝は劉禹トウ、尹夢ロ組(中国)を2―1の逆転で破った。