【ブベー共同】スイスで行われたクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで3日、日本人4人目となる優勝を飾った中川優芽花さん(19)は身長154センチと小柄だが、全身を大きく使い、躍動するような演奏は聴衆から大きな支持を受けた。最終選考に進んだ3人の中でもひときわ大きな拍手喝采を受け「感謝しかない。みんなが喜んでくれてうれしい」と話した。

 8月27日からスイス西部ブベーで始まった本選で、全ての演奏を会場で聴いたという男性(75)は「エネルギーがあふれていて、音楽の楽しさを表現しているところが気に入った」と中川さんを評価した。