国土交通省は、特定エリアは車の運転を完全自動化する「レベル4」を見据え、車両の具体的な性能要件を策定する。逆走やあおり運転などトラブルに直面しても、システムが危険回避することを求める。確実に事故を防ぎ、国内メーカーの開発を後押しする狙い。来年度から調査に着手、遅くとも2025年度までに保安基準のガイドラインとしてまとめる。

 レベル4は完全自動運転の一歩手前。政府は22年度に地域限定で無人運転の移動サービスを開始し、一般車は25年度をめどに高速道路走行の実現を目指している。