東京パラリンピックのゴールボールのコートに使用した消毒液に滑りやすい成分が含まれ、選手が負傷した問題で、大会組織委員会は4日、対応の遅れについて謝罪した。日本の女子の天摩由貴が8月27日のブラジル戦で足を滑らせて左足首を痛めており、組織委は「おわびとともに、心よりお見舞いを申し上げます」とした。

 組織委によると、25日に日本チームが「モップに何か塗られている」と指摘したが、原因が分からなかった。その後消毒液にグリセリン成分が含まれていることが分かり、28日途中から別の消毒液に切り替えた。「すぐに対処できなかった点については、深く反省している」とした。