長野県塩尻市塩尻町の丸山大輔県議(47)が経営する酒蔵兼住宅で、妻希美さん(47)の遺体が見つかった事件で、県警は30日、司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死だったと明らかにし、殺人事件として塩尻署に捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、室内に何者かが土足で入った跡が残されていた。遺体の首には圧迫痕があり、首から上がうっ血していた。首以外に目立った外傷はなかった。

 また、家族の目撃証言から、犯行時刻が28日午後11時以降であることも判明。希美さんは29日午前7時ごろ、倒れているのを息子が見つけた。近くには金庫があったことも分かった。