【ニューヨーク共同】9月に本格再開した米ニューヨークの劇場街ブロードウェーの「アラジン」の公演が同月29日夜、舞台関係者らが新型コロナウイルスに感染したため急きょ中止となった。米メディアによると、本格再開後、コロナ感染による主要演目の中止は初めて。出演者らも観客もワクチン接種が義務付けられており「ブレークスルー感染」だった。

 開幕約30分前に中止が決まったという。アラジンは28日、1年半の公演中止後、再開したばかりだった。地元テレビは「(新型コロナで)世界が変わってしまったことを改めて感じさせた」と伝えた。