読売新聞グループ本社広報部は30日、取材で得た情報を週刊誌の女性記者らに漏らしたとして、東京本社社会部に所属していた藤井亮元記者(32)=現人事部付=を懲戒解雇処分にすると発表した。恒次徹前社会部長を出勤停止10日間、平尾武史編集局総務をけん責の処分にする。情報漏えいは、2020年8~12月に計11回あったとしている。

 前木理一郎東京本社編集局長は「悪質な行為で取材先の信頼を裏切り、報道機関としての信用を損ねたことをおわびする」とのコメントを出した。