大雪時に車両の立ち往生が発生するのは、停車した車の重さやタイヤの空転でできた雪のくぼみに、後続車のタイヤがはまってさらに深くなり動けなくなるのが原因だと、福井大と新潟大のチームが30日発表した。福井大の藤本明宏准教授(雪工学)は「立ち往生を防ぐには早期の通行止めや広域迂回を促すことが有効だ」と話している。

 チームによると、2010~21年に大雪による立ち往生が少なくとも31件発生している。通常の降雪量ではあまり起きず、なぜ大雪時に発生しやすいのか、はっきりしていなかった。

 研究成果は9月15日付の日本雪氷学会誌「雪氷」に掲載された。