自民党の岸田文雄総裁は30日、政権運営の要となる幹事長に甘利明税制調査会長(72)、官房長官に松野博一元文部科学相(59)を起用する方針を決めた。総裁選で争った高市早苗前総務相(60)は政調会長、河野太郎行政改革担当相(58)は広報本部長に登用。選対委員長に遠藤利明元五輪相(71)を充て、総務会長に衆院当選3回の福田達夫議員(54)を抜てきする。岸田氏は10月1日に執行部を発足させる考えを記者団に示した。

 副総裁に麻生太郎副総理兼財務相(81)、国対委員長に高木毅衆院議院運営委員長(65)、組織運動本部長に小渕優子元経済産業相(47)を起用する。