自民党の岸田文雄総裁は30日、政権運営の要となる幹事長に甘利明税制調査会長(麻生派)を起用する方向で最終調整に入った。官房長官には萩生田光一文部科学相(細田派)を充てる案が浮上。官房長官登用が取り沙汰された上川陽子法相(岸田派)は重要ポストで処遇する構えだ。複数の関係者が明らかにした。岸田氏は10月1日に実施する党役員人事の検討を急ぐ方針。党本部で記者団に「いろいろ検討する。今、よく考えている」と述べた。

 甘利氏は、麻生太郎副総理兼財務相を国会議員会館の事務所に訪ね、会談した。この後、岸田氏が麻生氏と東京都内のホテルで会談した。