【ワシントン共同】米国と欧州連合(EU)は29日、貿易や技術開発などでの協力を協議する「貿易技術評議会」の初会合を米東部ペンシルベニア州ピッツバーグで開いた。会合後に共同声明を発表し、名指しは避けたものの中国に対し協力して対抗することで一致したと表明。半導体の供給強化へ連携も確認した。両者が対立する、鉄鋼などの関税を巡る問題には触れなかった。

 バイデン米大統領は中国を「唯一の競争相手」と位置付け、多国間で協力して対抗する方針を示している。中国包囲網につなげるため、評議会を通じてEUとの関係を強化する考えだ。