【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は29日、首都平壌で開かれた国会に当たる最高人民会議で施政演説を行い、8月の米韓合同軍事演習に反発して遮断した南北間の通信を10月初旬に再開する意向を表明した。米国に対しては、敵視政策を変えていないと批判した。朝鮮中央通信が30日報じた。対米関係が膠着する中で韓国に融和的な姿勢を見せ、米韓の離間を図る狙いがありそうだ。

 最高人民会議は国家の重要政策を討議、決定する国務委員会の委員に、金正恩氏の妹の金与正党副部長を選出した。副委員長に金徳訓首相が就任。金正恩氏最側近の趙甬元党書記も委員に選出された。