【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は29日、来年2月の北京冬季五輪で適用する新型コロナウイルス感染予防策の基本方針を発表し、観客は中国本土在住者のみ容認することが決まった。今夏の東京五輪に続いて海外からの観客受け入れは断念した。

 ワクチン未接種の大会参加者には北京到着後に21日間の隔離措置を講じる。この日のIOC理事会で大会組織委員会が示した方針を承認した。