菅義偉首相が退陣する意向を表明したのを受け、自民党総裁選出馬を表明している岸田文雄前政調会長(衆院広島1区)の地元では3日、知事や県議会から「岸田首相」誕生への期待の声が上がった。

 自民広島県連は8月末に会合を開き総裁選で岸田氏を支援する方針を確認している。会長代理を務める中本隆志県議会議長は記者団に「支援の輪を最大限広げていく。必ず首相になってほしい」と強調。岸田氏が説明責任や国民の声を聴く姿勢を重視すると表明したことを踏まえ「当たり前のことが今の自民党はできなくなっている。一刻も早く正常化する必要がある」と述べた。