米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り政府と激しく対立してきた玉城デニー知事は3日、菅義偉首相の退陣意向表明を受け「沖縄の意見が聞き入れられなかったのは残念だ」と振り返った。

 県庁で報道陣の取材に「われわれは安倍晋三前首相の時から、辺野古移設は環境が破壊され時間がかかりすぎると述べてきた」と強調。次期首相にも沖縄の考え方を強く伝える構えを示した。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は菅氏の政治手法について「(官房長官時代に)沖縄の米軍基地反対運動に全国から機動隊員を集めるなど、憎悪むき出しだった」と回顧した。