野党は3日、菅義偉首相が退陣する意向を表明したことについて「新型コロナウイルス感染拡大の中で政治空白をつくるのは無責任だ」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と批判した。同党は自民党総裁選への注目が一気に高まり「埋没する」(幹部)と警戒感を強めており、臨時執行役員会を開いて対応を協議した。

 立民の枝野幸男代表はコロナ対策を巡り「喫緊の対応が求められている中で、こうした事態に至ったことを怒りを持って受け止めている」と強調した。

 共産党の志位和夫委員長は記者会見で「コロナの問題や強権、腐敗政治に対して我慢がならないとの世論に追い詰められた結果だ」と分析した。