日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は3日、菅義偉首相が退陣する意向を表明した背景について、8月の横浜市長選で首相が全面支援した小此木八郎前国家公安委員長の敗北が一因との見方を示した。「自民党内に激震が走ったということだ」と市役所で記者団に語った。

 松井氏は首相が官房長官時代から親交が深い。新型コロナウイルス禍で政権を引き継いだ菅氏に関し「火中の栗を拾った」と指摘。「メッセージを出すパフォーマンスはあまりうまくないが、必要なことは批判を受けようとも実現してきた」と述べ、東京電力福島第1原発処理水の海洋放出を実績として評価した。