京都五花街の若手芸妓や舞妓が舞い踊る公演「五花街の初秋」が3日、京都市内のコンサートホールで開催された。主催した「京都伝統伎芸振興財団」によると、新型コロナウイルスの影響で舞台公演の中止が相次いだため、若手の経験の機会として特別に設けた。

 各花街の若手芸妓や舞妓計約50人が出演し、伝承されてきた舞踊曲を順に披露。三味線や唄に合わせ、色とりどりの着物で華やかに舞った。

 五花街のうち祇園東の舞妓、満彩光さん(17)は取材に「宴会やお舞台がない状況で、どうしてええんか分からず不安な時もありました。お舞台に出ることができてすごくうれしいです」と笑顔をみせた。