福岡県の服部誠太郎知事は3日の記者会見で、退陣の意向を表明した菅義偉首相の政権運営に関し、新型コロナウイルスのワクチン接種を「迅速に進めてきた」と指摘、高齢者の感染減など「成果が表れている」と評価した。

 コロナ対策の混乱や停滞は「あってはならない」と強調。「だからこそ対策に専念すべきだという判断をした」との見方を示した。

 功績として「グリーン化を国の成長戦略の柱として打ち立てた」とする一方で「取り組みを国民に十分に伝えきれなかった側面もあると思う。非常に残念だ」とも語った。