神奈川県の黒岩祐治知事は3日、横浜市選出の菅義偉首相が退陣する意向を表明したのを受け「大変驚いた。新型コロナウイルス感染症を克服できない中、国民の鬱屈した思いが政権への不満として向かうのは仕方がない。首相になかなか厳しい風が吹いてきた」と県庁で記者団に述べた。

 8月の横浜市長選で首相が全面支援した小此木八郎前国家公安委員長の落選が「結果的に影響したと言わざるを得ない」と指摘。次期首相に望む資質として「国家の非常事態を乗り切るため、明るい未来が待っていると力強いメッセージを出すリーダーを期待したい」と強調した。