名古屋市が、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場を新たに国際会議場(同市熱田区)に設置することが3日、市への取材で分かった。23日にも開設する。妊婦やそのパートナー、体調不良などで2回目の接種を予定通り受けられなかった人を対象に優先枠を設ける。

 市によると、1日最大1225回分を接種。うち、妊婦らに1日30人、2回目をしそびれている人には同10人の優先枠を設定する予定。11月中旬までに、3万3320回の接種が可能という。