【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党は2日、平壌で政治局拡大会議を開催した。金正恩総書記が会議を主宰、世界的な新型コロナウイルス危機が悪化しているとして国家的な防疫対策を一層強化するよう指示した。朝鮮中央通信が3日伝えた。

 金氏はまた水害などの自然災害最小化のため、国土管理事業に最優先で取り組む方針を表明。食糧問題解決に向けて穀物生産目標を必ず達成するよう訴えた。

 会議では人事も議題となったが、詳細は明らかになっていない。