自民党の岸田文雄新総裁は臨時国会召集日の10月4日に首相に指名され、中旬にも衆院を解散するとの見方が強い。衆院選は「10月26日公示、11月7日投開票」か「11月2日公示、14日投開票」が有力視される。衆院議員の任期満了は10月21日で、任期越えの衆院選は現行憲法下で初。臨時国会は新首相の所信表明演説と各党の代表質問にとどまる見通しで、予算委員会での本格論戦が持ち越しとなれば、野党が批判を強めるのは必至だ。

 岸田氏は直ちに党役員人事に着手。首相指名後、組閣し、副大臣・政務官人事に取り組み、支持率を上昇させて選挙戦に臨む。立憲民主党は野党共闘で対抗する。