自民党の河野太郎行政改革担当相は29日、総裁選の敗因について「私の力不足だ」と振り返った。次期総裁選を巡っては「チャンスがあれば取り組みたい」と語り、自身3度目となる立候補にも意欲を示した。東京都内のホテルで記者団に述べた。

 岸田文雄新総裁について「しっかりと日本のかじ取りをしていただける。全力で支えていきたい」と強調。今後、党役員や閣僚への就任を打診された場合の対応に関しては「仮定の話に答えるのは適当ではない」と述べるにとどめた。