バスケットボール女子のアジア・カップは29日、ヨルダンのアンマンで行われ、5連覇を目指す世界ランキング8位の日本は1次リーグA組最終戦で同19位の韓国に67―62で逆転勝ちし、3連勝の同組1位で10月2日の準決勝進出を決めた。

 日本は24―18で迎えた第2クオーターに韓国に効果的に3点シュートを決められ、一時リードを奪われた。43―48の最終クオーターに豊富な運動量でリズムを取り戻し、18得点の宮崎(ENEOS)を起点とした速攻などで逆転して押し切った。(共同)