原子力規制委員会の更田豊志委員長は29日の記者会見で、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策不備を巡る東電からの報告書提出を受け、今後行う本格的な検査の期間について「1年前後」との見通しを示した。

 報告に先立ち東電の第三者検証委員会が行った役職員らへのアンケートでは、同原発で核物質防護業務が軽視されていたとの声があった。この点について、更田氏は「柏崎刈羽は世界最大級のサイトで、核防護には一層の難しさがある。重視されてしかるべきなのに、どうして逆になったのか。検査のポイントになる」と指摘した。