29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落し、3万円の大台を割り込んだ。終値は前日比639円67銭安の2万9544円29銭。米連邦準備制度理事会(FRB)が早期に量的金融緩和を縮小するとの警戒感が根強く、半導体関連など幅広い銘柄で売り注文が膨らんだ。自民党の新総裁に選出された岸田文雄前政調会長にとっては波乱の株安の中でのスタートとなる。

 東証株価指数(TOPIX)は43・48ポイント安の2038・29。出来高は約16億200万株だった。

 米国のFRBが金融引き締め策を前倒しするとの見方から、前日の米国市場で株価が下落した。