自民党総裁選は29日午後、東京都内で投開票され、岸田文雄前政調会長(64)を第27代総裁に選出した。岸田氏は1回目の投票で河野太郎行政改革担当相(58)を1票上回ったものの過半数に達せず、決選投票の末、河野氏を大差で破った。任期は24年9月末までの3年間。岸田氏は両院議員総会で「党一丸となり衆院選と参院選に臨もう」と決意表明した。

 初の記者会見で、一任を受けた党役員人事は10月1日にも実施する意向を明かした。二階俊博幹事長の後任が最大の焦点となる。麻生派の甘利明税制調査会長、細田派の萩生田光一文部科学相の起用案が浮上している。複数の関係者が明らかにした。