世界を股に掛ける謎の暗殺者を描いた代表作「ゴルゴ13」で知られる漫画家さいとう・たかを(本名斉藤隆夫=さいとう・たかお)さんが24日午前10時42分、膵臓がんのため死去した。84歳。和歌山県出身。葬儀・告別式は親族で行った。

 今年7月に「ゴルゴ13」の単行本201巻が発売され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された。雑誌連載はスタッフらが継承し、今後も継続するという。

 1955年に「空気男爵」でデビュー。分業制による漫画制作を提唱してさいとう・プロダクションを設立し、60年代後半から「無用ノ介」などが相次いでヒットした。