日銀は28日、2021年度の給与改定で、管理職を除く一般職員の給与を一律に引き上げるベースアップ(ベア)を見送ると発表した。ベアの見送りは13年度以来、8年ぶり。大手金融機関や主要な民間企業の賃金動向などを参考に決めた。

 5月と11月に支給する一般職員の賞与は月給の2・124カ月分とした。賞与も含めた年収は前年度比0・6%減となり、0・1%減だった前年度に続いて2年連続の引き下げとなった。