滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年にあった患者死亡を巡り再審無罪が確定した元看護助手西山美香さん(41)が国と県に損害賠償を求めた大津地裁の訴訟で、県側が地裁に提出した再審無罪を否定する内容の準備書面に関し、県警の滝沢依子本部長が決裁していたことが28日、関係者への取材で分かった。

 滝沢氏は28日、県議会の本会議に出席し「書面の表現に不十分な点があった」と謝罪した。閉会後、報道陣の取材に応じ、書面を決裁したか問われたが「差し控える」と明言を避けた。県警内部でどのように作成、決裁されたのか経緯の説明が求められそうだ。