【ワシントン共同】バイデン米大統領は27日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を受けた。米国では24日、65歳以上の高齢者らに3回目接種が始まった。根強いワクチン反対論を背景に接種率が伸び悩んでいることから、バイデン氏は国民に「命を救い、子どもの安全を守り、学校を開いて経済を発展させるには接種が必要だ」と呼び掛けた。

 米国ではワクチン接種はマスク着用と並んで右派などの拒否感が強く、政治的対立を巻き起こしている。バイデン氏はこうした状況を念頭に「成人のうち23%は1回も接種を受けず、その少数派が多大な損害を与えている。正しいことをしてほしい」と訴えた。