大型で非常に強い台風16号は27日、沖ノ鳥島近海を北上した。今後、次第に進路を北東に変え、日本の南から東へ進む見込み。東海や関東に近づき、10月1日ごろは伊豆諸島にかなり接近する恐れがある。気象庁は、高波や暴風に警戒を呼び掛けている。

 同庁によると、台風16号は27日朝、勢力が「猛烈」から「非常に強い」に弱まったが、再び強まる予想。正午には「大型」に変わった。

 28日に予想される波の高さは沖縄で6メートル、29日は沖縄、奄美、小笠原諸島で6~8メートル。1日ごろにかけては西日本から北日本の太平洋側で大しけとなり、伊豆諸島を中心に大荒れとなる可能性がある。