ボクシングの世界ヘビー級タイトルマッチが25日、ロンドンで行われ、挑戦者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)がアンソニー・ジョシュア(英国)を判定で破って世界ボクシング協会(WBA)、世界ボクシング機構(WBO)、国際ボクシング連盟(IBF)の王座を獲得した。

 2012年ロンドン五輪ヘビー級金メダリストで34歳のウシクは、プロ19戦全勝(13KO)とした。31歳のジョシュアは同じく3団体の王座から陥落した2019年6月以来の2敗目を喫した。(ロンドン共同)