【ナイロビ共同】ゾウ3万6280頭、ライオン2589頭―。「野生動物の楽園」とも呼ばれるアフリカ東部ケニアで25日までに、動物分布を一斉に調べる国内初の“動物版国勢調査”が終わり、政府が報告書を公表した。ゾウなどは密猟の取り締まり強化が効果を挙げ生息数が回復傾向だったものの、依然として絶滅の危機が差し迫った種もいた。

 調査は7月までの3カ月間実施。陸上の動物だけでなく沿岸域のクジラなども調べた。政府はデータを生物保護策や観光振興に役立てたい考えだ。継続的に監視するため、今後も3年ごとに同様の調査を行う。

 ゾウは2014年のデータと比べると12%増えた。