【ニューヨーク共同】米司法省は24日、カナダで拘束されて米国で起訴された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)孟晩舟被告(49)が「責任を認めた」として起訴効力を停止する司法取引が成立したと発表した。カナダ西部バンクーバーの裁判所は同日、出国を認める決定をした。カナダ民放CTVは、副会長がバンクーバー国際空港から中国に向け出国したと報じた。

 カナダのトルドー首相は24日、中国で2018年12月に拘束されたカナダ人2人が解放され、空路でカナダに向かったと明らかにした。2人の拘束は、副会長拘束の報復だったとみられている。